「決断するリーダー」の姿を歴史上の人物に学ぶ

2018/05/15 マネジメント理論編

リーダーに決断が求められるのは、ビジネスの場面だけではありません。国を率いる武将や外交官、大統領など「社員」よりももっと数の多い「国民」を率いるリーダーたちも、たびたび決断を求められてきました。ここでは三人の歴史上の人物の言葉を引用しながら、歴史に名を残した人物たちの「決断するリーダー」としての姿を学びましょう。 責任も結果も全て自分で背負いこむ「独眼竜」の異名を持ち、当時全国第3位の石高を誇...

もっと読む »

一流の経営者に学ぶ「孤独に決断するリーダー」のあり方

2018/05/11 マネジメント理論編

「ビジネスはチームワーク。何事も社員の意見を取り入れながら決めていくべき」。そう考えて社員ひとりひとりの意見に耳を傾けたり、現場の人間に決断を委ねたりしている経営者は多いのではないでしょうか。しかし誰もがその名前を知っているような一流の経営者の中には、決断こそが経営者の仕事であり、決断をするとき経営者は孤独なものだと明言している人も少なくありません。ここでは三人の一流経営者の言葉に耳を傾けな...

もっと読む »

一流経営者は「社員のモチベーション管理」をしない

2018/05/08 マネジメント理論編

「動機付け」「目的意識」、もしくは「やる気」といった意味で使われることが多いモチベーションという言葉。経営者や管理職の中には社員や部下のモチベーションを引き上げようと、日々躍起になっている人も多いのではないでしょうか。しかし、実は多くの一流経営者が「経営者や管理職はモチベーションを引き上げる努力をするべきではない」と明言しています。ここでは3人の一流経営者の言葉を引用しながら、なぜ社員や部下...

もっと読む »

徹底のリーダーシップ

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:リーダーシップ理論(コンセプト)名称:徹底のリーダーシップ提唱者:ラム・チャラン 経営アドバイザー ハーバード・ビジネス・スクール元教授時期:2009年理論の紹介:徹底のリーダーシップとは、世界中のビジネスリーダーから絶大な支持を受けている経営アドバイザーである、ハーバード・ビジネス・スクール元教授のラム・チャラン氏が、自身の著書「徹底のリーダーシップ」のなかで提唱したリーダーシップ...

もっと読む »

変革プロセス

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:組織変革理論(コンセプト)名称:レヴィンの変革プロセス提唱者:レヴィン(社会心理学者)理論の紹介:レヴィンの変革プロセスとは、社会心理学者のクルト・レヴィンによって提唱された、組織変革に必要な3段階のプロセスのことを指す。変革を達成するということは、望ましい目標を特定し、そのゴールに向かって一直線に突き進む、ということではない。効果的に変革を達成するには、まず選択可能なルートすべてを...

もっと読む »

熱狂する社員

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:組織マネジメント理論(コンセプト)名称: 熱狂する社員提唱者: デビッド・シロタ(シロタ・コンサルティング創業者、名誉会長。)、ルイス・A・ミスキンド(組織効率の調査、マネジメント・プラクティスの応用)、マイケル・メルツァー(シロタ・コンサルティング専務取締役兼顧問)時期:2005年原著「The Enthusiastic Employee」刊行理論の紹介:「熱狂する社員」とは、モチベーション...

もっと読む »

タレント・マネジメント論

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:人材育成理論(コンセプト)名称:タレント・マネジメント論提唱者:明確ではない時期:明確ではない理論の紹介:「タレント・マネジメント論」とは、社内の人材のタレント(人が持つ資質・能力)の情報を把握し、パフォーマンスを高めるために、教育や戦略的な人事を行うための考え方や理論である。「タレント」とは、才能、スキル、知識、知性、判断力、意識、性格、意欲を総合した技量であると言われている。20...

もっと読む »

組織行動論

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:組織マネジメント理論(コンセプト)名称:組織行動論提唱者:明確ではない時期:明確ではない理論の紹介:「組織行動論」とは、企業の業績や生産性に影響を与える行動を3つに分類(個人行動、集団行動、組織行動)して研究する、経営学の分野のひとつである。3つそれぞれの領域にはテーマがあり、さまざまな理論から成り立っている。「個人行動」のテーマは、パーソナリティと感情、動機づけ(モチベーション)、...

もっと読む »

組織変革のビジョン

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:組織変革理論(コンセプト)名称:組織変革のビジョン提唱者:金井寿宏 神戸大学大学院経営学研究科教授時期:2004年理論の紹介:組織変革のビジョンとは、神戸大学大学院経営学研究科の金井寿宏教授が、著書「組織変革のビジョン」の中で提唱した考え方である。金井寿宏教授は、著書の中で、組織改革には「組織のなかにおける大半の個人の発想や行動パターンが変わることが必要だ」と述べている。また金井寿宏...

もっと読む »

エクセレント・カンパニー

2018/01/25 マネジメント理論編

テーマ:組織マネジメント理論(コンセプト)名称:エクセレント・カンパニー論提唱者: トム・ピーターズ(マッキンゼー社、トム・ピーターズ・グループ代表)、ロバート・ウォータマン(マッキンゼー社)時期:1982年原著「In Search of EXCELLENCE」刊行理論の紹介:エクセレント・カンパニーとは、独特の企業文化・組織文化をもち,きわめて収益力の高い超優良企業のこと。マッキンゼー社出身の世界...

もっと読む »