マネジメント理論編
2017/12/18

サーバントリーダーシップ

(写真=maxsattana/Shutterstock.com)
(写真=maxsattana/Shutterstock.com)
テーマ:リーダーシップ
理論(コンセプト)名称:サーバントリーダーシップ
提唱者:ロバート・K・グリーンリーフ 教育コンサルタント 応用倫理研究センター創設者
時期:1977年 原著「サーバントリーダーシップ」刊行

理論の紹介:
「リーダーとは、まず相手に奉仕し、その後に相手を導いていくものである」というリーダーシップ哲学のひとつ。

サーバントリーダーシップとは、支援型リーダーシップとも呼ばれ、ロバート・K・グリーンリーフがAT&Tでの勤務や教育コンサルタントとしての経験と、応用倫理研究センターで組織研究を行った結果をもとにした理論である。


サーバントとは、召し使い・使用人・従僕という意味であり、リーダーがチームの環境整備・課題解決を推進していくという役割を果たすため、部下の気持ちを汲み取ってリーダー自らがコミュニケーションを図ることで、彼らの目標が達成に向かうように教育支援を施すことという考え方。


サーバントリーダーシップは、リーダー自らが部下に奉仕や支援を行い、周囲から信頼を得ることで主体的に協力を得られる状況創出を可能にすると述べ、リーダーが部下に命令して引っ張る「支配型リーダーシップ」に相対するものと位置付けている。


関連書籍リンク:
サーバントリーダーシップ
https://www.amazon.co.jp/dp/4862760406

関連外部記事リンク
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20100723/350589/?rt=nocnt
 
PREV システム思考
NEXT プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)

関連記事